siesta

2020.2.12
トップ > ライフスタイル > メンタルが弱りにくくなる!明日からでき…

メンタルが弱りにくくなる!明日からできる心を強くする4つの習慣

2020.02.12

仕事やプライベートなど心がしんどくなるときがありますよね。そんなときに心が強くなる方法知っておくと人生が豊かになりますよ。

 

1人の時間

1人になれる時間・場所をつくる

自分の感情を整理する時間や場所を作りましょう。

バーやカフェのような落ち着ける場所を外で見つけるのもいいですし、家の中で映画やドラマ、漫画や小説など一人の趣味に没頭できる場所を作るのもいいでしょう。

自己啓発や勉強になる映画や小説もいいですが、バラエティーのようなちょっとバカバカしいと思えるような、嫌なことが忘れられる作品もたまに観るといいですよ。

 

今では電子書籍やサブスクリプションで動画や映画が定額見放題のサービスもたくさんありますので、一人の時間をゆったりと過ごしてみてください。

 

 

仕事とは反対の趣味を見つける

力仕事や営業などアクティブな仕事をしている人は、インドアな趣味やヨガなどゆったり心を落ち着ける趣味を持つといいでしょう。

 

事務職などあまり体を動かさない仕事をしている人はマラソンやボルダリングなど体を動かす趣味がいいですよ。

スポーツはちょっと苦手だ、という人は寺社巡りや食べ歩きなど体を動かす習慣がつきそうな趣味もいいでしょう。

 

話を聞く女性

信頼できる人・メンターを見つける

精神的に助けてくれる師匠的な存在をメンターといいます。

仕事やプライベートに限らず悩んだときや迷ったときに相談できる人がいると、精神的に強くなり思い切って行動ができます。

 

身近にメンターがいればいいですがそんな存在がいないのであれば、生き方や考え方が尊敬できるあこがれの人を心のなかにおくだけでもいいでしょう。

 

いろんなところで弱音を吐かない

信頼できる関係性の人に弱音を吐くと真摯になって聞いてくれるのでいいのですが、信頼関係があまりない人の前で弱音を吐くと悪い噂になったり心無い言葉が帰ってくる可能性もあります。

特にSNSなどネット上で弱音を吐くのはやましょう

匿名性があるからいいのではないかと思うかもしれませんが、悪口や心のない言葉が返ってきやすいです。

弱っているときに悪口を見ると、かなり落ち込んで精神的にとてもつらいですす。

 

吐き出す人や場所がないけどもやもやして寝れないというときは、ペンでなぐり書きしたりスマホのメモなど人目につかないところに書くといいでしょう。

 

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!