小悪魔な女性

恋愛・婚活

「可愛いやつ」って言われたい!男性を引きつけるワガママの言い方

ちょっとワガママを言って男性の心を引きつけてみませんか?

ちょっとワガママなくらいのほうが男性もあなたに魅力を感じますよ。

 

タメ口で甘える

いつも敬語の関係でも、たまに言われるタメ口でのワガママには「仕方ないなー」と男性も弱ってしまいます。

 

タメ口はいいにくいな…と思うかもしれませんが、そのまま敬語でワガママを言うと、

強制的でキツイように聞こえてしまい男性もイラッとしてしまいます。

 

たまにフランクな言い方のほうが、男性も「こいつかわいいなー」と親しみをもちます。

特に年上の人には可愛がられるでしょう。

 

電話をする女性

リラックスしているときに電話をする

夜遅くや仕事が終わってからなど、気を抜いているときに電話がかかってくると、それだけでドキッとしてしまいます。

「こんなときに電話してくるなんて、なんかあったのかな…?」と心配もします。

 

男性は動揺しているタイミングです。

このときにワガママを言われたら、なんとか力になってあげなくてはとワガママに応えてくれます。

特に切羽詰まった感じに言うと効果的です。

 

軽いワガママから言ってみる

相手に怒られたり、嫌われたりしないなかと、急に強いワガママを言うのは気が引けますよね。

「ジュース買ってきてほしいな」など、軽いワガママを言ってみて様子をうかがいましょう。

 

男性も「それくらいなら良いけど…」と断ることは少ないです。

気軽に「いいよ!」って軽いワガママを叶えてくれる男性は、ちょっと大きなワガママでも許してくれる可能性が高いです。

 

ただし、だんだんエスカレートして男性が困ってしまうようなワガママにならないように注意しましょう。

 

「あなただから…」特別感を出す

「他に頼れる人がいなくて…」「あなただから…」と女性からわがままを言われれば、

「この子には俺じゃなきゃいけないんだ!」男性の守ってあげたい心理に火がつきます。

 

毎回それをすると「またか…」「誰にでも言ってるんだろ…」と効果がなくなってくるので、たまに使うことがポイントです。

あざといですが、何人もの男性にするとみんなから可愛がられるでしょう。

 

 

膝枕をするカップル

スキンシップをしてワガママを言う

袖を引っ張ったり、腕を掴みながらお願いされると、男性もドキッとして気が大きくなってしまいます。

 

急にやるとあざとさが出て男性も見抜きますが、会話をしているときなど自然な感じで、肩をポンっと叩くだけでもいいです。

男性は単純ですので、すぐデレデレしてしまいます。

花粉症の女性これはNG!やってはいけない花粉症を悪化させる習慣・改善対策前のページ

恋愛も仕事もうまくいく! ポジティブな思考力の身につけ方☆次のページポジティブ

関連記事

  1. 自己紹介する女性

    恋愛・婚活

    出会いの季節!男性が好印象をもつ女性の自己紹介3パターン

    春は出会いがたくさんある季節です。自己紹介でいい衣装を与えたいですよね…

  2. 恋愛

    恋愛・婚活

    気になる彼をドキッとさせる♡男性が言われてうれしい言葉

    男性をどう褒めれば喜んでくれるのかを知っていれば、いざというと…

  3. 彼氏 不安

    恋愛・婚活

    今の彼氏でいいのかな…進展しないヤキモキを解決する方法。

    彼との将来を真剣に考えているのなら、そろそろあなたから動き出す必要があ…

  4. 恋愛・婚活

    モテる大人の女性はやっている!男性を惹きつける行動・仕草

    「いい女の条件ってなに?」「モテる方法を知りたい!」と思ってい…

  5. スキー

    恋愛・婚活

    ゲレンデマジックでモテる!男性が好きになるモテしぐさ・ファッション

    グループでゲレンデに遊びに行ったとき、かっこいい男性と仲良くなりたいで…

  6. 男子と女性

    恋愛・婚活

    気をつけて!!男性が勘違いしない誘い方・勘違いする誘い方

    ちょっと飲みたい時、相談したい時に誘えるのは男性だけ。でも勘違いされて…

  1. マカロン

    ヘルス・美容・ファッション

    砂糖は体に悪いの?!体にいい砂糖の摂り方・選び方
  2. オリンピック

    ライフスタイル

    東京オリンピックが中止なったら社会にどんな影響がある?
  3. 疲れている女性

    ライフスタイル

    自慢話はもうウンザリ…「マウンティング女子」の対処法☆
  4. 肌

    ヘルス・美容・ファッション

    気になる春の肌トラブル!肌荒れや乾燥肌…気をつけたい肌ケア対策
  5. 【2021年春の仕事服】お仕事だっておしゃれしたい!きちんと感も演出♪

    ヘルス・美容・ファッション

    【2021年春の仕事服】お仕事だっておしゃれしたい!きちんと感も演出♪
PAGE TOP