恋愛・婚活

彼氏や旦那も思ってた!男性が手を繋ぎたい4つの心理

突然、男性から手を繋いできたらドキッとしますよね。どんな時に男性が手を繋ぎたくなるのかご説明しましょう。

 

最近は奥手の男性も多く、男性からなかなか手を繋いでくることが少ないです。

時には女子から汲み取って男性に手を繋いであげると、男性との愛情も深くなるでしょう。

彼氏や旦那、好きな人が手を繋ぎたかっている時は拒まず笑顔で手をつないであげると、男性はとても嬉しくなります。

 

アピール

【周りにアピールしたい】

「俺はこんなに可愛い女性といるんだぞ」という、奥さんや彼女が自分のものだと周りにアピールするために手を繋ぎます。

男性は周りから見られることで、自慢や独占欲からより満足感が高まります。

距離感や会話からcoupleであることは周りから見ても分かるのですが、手を繋ぐことで関係が親密であることを知らしめたいと、このタイプの男性は思います。

人の多いところや人目に触れるところで手を繋ぐ男性はこのタイプでしょう。人の多いところで、男性がソワソワしたら手を繋いであげましょう。

 

【ただ触れていたい】

これは一番多い理由ではないでしょうか。男女かかわらず、好きな人に触れたいと思うのはありますよね。

好きな人とは一緒にいて横を歩くだけでなく、手をつなぐほど近くにいたいものです。

好きな人のぬくもりを感じると安心します。それに相手にも愛されていると確認できます。男性が不安な顔をしたら手を繋ぐことで安心しますよ。

 

彼女

【守ってあげたい】

多くの男性は「頼られたい」「強い男性でいたい」と、彼女や奥さんから思われたいものです。

転びそうな足場の悪いところ、テーマパークやお祭りのようなはぐれそうな程の人混みなどで男性は女性を守りたいと思います。

かっこつけたいけど、素直に手を繋ぐことができないのが男性です。守りたいと思っても、何もない時に手を繋ぐのはドキドキします。何か理由が作ることで、手を繋ぐことができます。

ふくらはぎを擦ったり、足元がたどたどしい感じを出すと男性から手を繋いでくれますよ。


 

【下心がある】

女性と体の関係を持ちたいと思った時に、その策として手を繋ぐことがあります。

徐々にスキンシップを加速させていき、手を繋いだあとに関係を持てればと考える男性がいます。

まだ付き合っていない男性が手を繋いできたら警戒してください。

 

彼氏や旦那でも今日は関係を持ちたいと思った時に球に手を繋いでくることがあります。

その時は相手の気持を汲み取ってあげてくださいね。

 

 

求人D

座り仕事をしているとやりがちな「脚組み」やめるべき理由 Part2前のページ

出費が多い年末年始の節約方法とは?忘年会編次のページ

関連記事

  1. 衣食住

    恋愛・婚活

    衣食住、もっとも重要視するのは?結婚相手の選ぶ基準にも

    『衣食住』生きていく上でなくてはならないものです。しかし、どれ…

  2. 合コン

    恋愛・婚活

    合コンでサラダを取り分ける女になってはいけない Part1

    「率先して料理を取り分ける子は気が利く!」と男性には専ら人気ですが、こ…

  3. 「付き合いたい」と思う瞬間は?男性が女性に心を奪われるとき

    恋愛・婚活

    「付き合いたい」と思う瞬間は?男性が女性に心を奪われるとき

    あなたが「かわいい女性だな」と思うのはどんな人でしょうか。でも、「かわ…

  4. 空を眺める女性

    恋愛・婚活

    我慢してばかりの恋愛はNG!恋人への気持ちの伝え方Part1

    付き合っていて、「こんなこと言ったら嫌われるかも・・・」と不安になり、…

  5. 仕事が忙しい女性

    恋愛・婚活

    バリキャリ女子が恋愛を成功させるカギは効率と行動!

    仕事も恋愛を諦めたくないなら、その二つを追い求めるしかありません!二兎…

  6. 恋愛・婚活

    「好感度が高い人はみんなやっている」10の特徴や共通点とは?

    あなたの周りにも「好感度が高い人」っていませんか?男性、女性に…

  1. 垢ぬけワザ

    ヘルス・美容・ファッション

    なぜかダサい? おしゃれしたいのに垢抜けないその理由!
  2. 黒髪女性

    ヘルス・美容・ファッション

    黒髪がモテるって本当?綺麗な黒髪を保つには?Part2
  3. マイナンバー

    ライフスタイル

    【生活が便利になる】はじまりました! 医療分野のマイナンバー制度導入
  4. 桜 お花見

    お出かけ情報

    開花まで待ったなし! 関西のお花見スポット2019
  5. 悩む女性

    仕事

    なんだか浮いてるかも…職場にうまく馴染む方法とは
PAGE TOP