siesta

2018.10.05
トップ > マネー > タンスの肥やしはもういらない!…

タンスの肥やしはもういらない! セールで失敗しない6つのコツ。

2018.10.5

セール

年に数回のセール。ついつい買いすぎたり、逆に悩んでいる間に売り切れたりと、後悔は尽きませんよね。

そこで、セールをお得に楽しめるコツをご紹介します。

 

 

sale

①予算を決める

まず、予算です。大体でもいいので予算を決めておくと、欲しいものに優先順位をつけることができます。そうすれば、翌月のカードの引き落としにもヒヤヒヤしませんよ!

 

②ワードローブを見直しておく

クローゼットを見ると、似たような服ばかり。これ、女性あるあるですよね。セールに行く前にワードローブを見直し、できたらスマホで撮影しておきましょう。悩んだときに確認できて便利です。

 

③チャレンジしすぎない

セールだからと言って、普段着ないような服にチャレンジするは危険です。一番のタンスの肥やし候補になります。セール品の大きな理由は、定番ではなくトレンドアイテムだから。来年も着られるのか、よ~く考えてからレジに向かってくださいね。

 

セール 買いすぎ防止

④下見をしておく

もし余裕があるのなら、セール前日までに好きなショップを下見しておいてください。欲しいものはあるのか。何%OFFになっていれば買うのかなど、事前に計画立てることができます。セール当日は人も多く、自分自身も興奮して余計なものにまで目移りしがちですが、下見による安心感で冷静さも保つことができます。

 

⑤試着する

人気アイテムはサイズが売り切れていることもしばしば。自分の体型より大きすぎるものや、痩せたら着られるかも…と思って買ったものは、間違いなくタンスの肥やしになります。また、セール品は返品交換できないことも多いので、試着してジャストサイズかを必ず確認しましょう。

 

⑥人気店へ行こう

売り上げのいい店には、売れ筋商品が多く入ってきます。欲しかった服が売り切れていても、人気店から再入荷されているので買えるチャンスが増えますよ。

 

まとめ買い sele

 

最後に上記のことを踏まえ、セール当日の行動についてまとめてみました。

◎当日の行動まとめ

・頭の中で計算しながら買い物をする

・似たような服は買わない

・ベーシックで良いものがセール価格なら間違いなくお得

・興奮しない

・長蛇の列でも必ず試着する

 

セールとは本来心浮き立つ楽しいものです。でもせっかくならお得にいいものをたくさん買いたいですよね。これらのポイントを念頭においていただき、今年のセールが大成功となることを願っています。

 

 

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!