仕事

これができればあなたも人気者★会話を盛り上げるコツ5選!

会話が弾む人の周りにはたくさんの人が集まってきます。会話を盛り上げるコツさえ知れば、初対面でも楽しくお話できるようになりますよ♪

 

話を無理に盛り上げようとして、つらい思いをしたことはありませんか? コツを身につけることで、自分も楽しみながら会話を盛り上げていきましょう!

 

会話

「私も」は厳禁! 

人が話し始めた話題について「私も…」と言って奪い取っていく人がいますがこれはやってはいけません。

本人は話を広げたつもりでしょうが、取られたほうはほったらかしにされたと感じ、盛り上がりません。

会話は自ら話すだけではなく、相手の話を聞き、その話題を掘り下げることで盛り上げるということも大切です。

 

 

質問には質問返し 

相手からの質問に対して、自分が答えた後に「あなたは? 」と必ず聞いてみましょう。人は自分が話したいことや興味があることを相手に聞くことが多いためです。そうすることで相手にスムーズに話を譲ることができ、会話も広がるので一石二鳥です。

 

Yes/No

「はい・いいえ」で答えられる質問はしない 

会話の基本は5W1Hというのを聞いたことはありませんか? はいといいえで答えられてしまえばそこでまた新たな話題を探さなければいけません。そのため、どこで?いつ?誰と?どうやって?など1つの話題を様々な角度から質問していくことで会話はより奥深いものになっていきます。

共通点を見つける共通点は相手の心を自分に近づけてくれます。趣味や好きなものが合えばよいのですが、それ以外でも出身地・兄弟構成・家の間取りなどなんでもいいので「同じ」ことを見つけてみてください。

 

初対面の人と話すときの話題は特に苦労しますよね。最初は天気など身近な話で相手を探りつつ、最終的には相手のとの共通点を話題にしてみましょう。

 

 

聞く

聞き上手は会話上手

会話を盛り上げるために自分から一生懸命話題を出して話しかけても盛り上がらないことはありませんか? 実は盛り上げ上手は聞き上手なのです。話をしている人に興味を持って質問してみましょう。相手は自分の話を聞いてくれていると感じ、より話は広がるでしょう。また、相手の会話のペースに合わせることも大切です。ゆっくり話す人ならゆっくりと相槌を打ち、早口な人なら自分も早口で元気に返してみると会話のテンポが合い、自然と話が盛り上がります。

 

まとめ

このように、会話が盛り上がるポイントを改めて見てみると、「話す」方ではなく「聞く」方にあるということに気づきます。人の話の中から新たな発見や学びがあることも多いので、まずは相手の話をよく聞くところから始めてみませんか?

 

求人サイト

仕事や就活に活かせる!人気YouTubeチャンネル5選前のページ

忘年会シーズン到来!!お酒を飲む機会が増えるこの時期、アルコールから体をまもるには・・・次のページウコン

関連記事

  1. ブラウス
  2. fortune

    仕事

    仕事も生活も2020年はこれで乗り越えられる!実は取得できる占いの資格

    「来年の運勢は?」「この方角は?」って気になりませんか?自分でも見れた…

  3. 仕事をする女性

    仕事

    あこがれのあの人はココが違う! できる女と呼ばれるための5ヶ条

    仕事ができて、気配りができて、何かと頼りにされるあこがれの女性、職場に…

  4. 経理担当の女性

    仕事

    経理を目指す!キャリアアップしたい!オススメの資格

    経験を積んでおけば辞めた後も再就職しやすくて安心という理由で事務系の職…

  5. 手土産 お菓子

    仕事

    デキる女は知っている、クライアントが喜ぶ手みやげの選び方。

    取引先への挨拶や謝罪など、手みやげを持参する機会は意外と多いで…

  6. 職場スカウト採用

    仕事

    転職後に感じた違和感とトレンドの「職場スカウト採用」

    2018年に、リクルートエージェントが「転職者が入社後にとまどったこと…

  1. キャリアウーマン

    仕事

    キャリアを伸ばしたい女性が今からやっておくべきこと
  2. 野球ボール

    ライフスタイル

    春のセンバツも中止に・・・東京オリンピックはどうなる?
  3. 節約

    ライフスタイル

    今すぐできて簡単!電気代を節約する方法
  4. オフィスカジュアル

    ヘルス・美容・ファッション

    オフィスカジュアル?毎日の会社ファッションの解決策
  5. アフターヌーンティー

    ライフスタイル

    大人女子なら知っておきたいアフタヌーンティーを楽しむためのマナー
PAGE TOP