ヘルス・美容・ファッション

「冷やし美容」で今年の夏は美人顔!

ほてりやむくみ、開いた毛穴をそのままにしていると、美的偏差値が駄々下がりに…。コスメの力で肌を“冷やして”、暑苦しさと無縁のクールビューティを目指しませんか?

 

 

☆そもそも冷やし美容って?

 ずばり肌の表面温度を下げること! 肌を冷やすと気持ちいいだけでなく、肌の代謝を促進し、血流がよくなるので、肌の透明感アップも期待できます。

 

 

☆冷やすお手入れのメリットを知りたい!

1、紫外線のダメージを素早く鎮静!

夏の肌は、紫外線により炎症が起こりやすい状態です。海や山に行かなくても、通勤や日中の外出で浴びる紫外線によって肌の奥はダメージを受け、日々小さな炎症が起きています。それがコラーゲンを劣化させ、たるみにつながっているのです。

やけどを冷やすような感覚で、肌を冷やせば炎症が速やかに落ち着き、ダメージの広がりを食い止めることができます。

 

2、汗が引くのでメイクがキマる!

 暑い時期、スキンケアやメイクの大敵は顔汗。特にシャワーや入浴後は汗が止まらなくて、スキンケアが浸透しにくい、ファンデーションが密着しにくい…なんてこともありますよね。

そんなときに肌を冷やすコスメが大活躍! 汗が止まればお手入れは格段にやりやすくなります。さらに、冷やすと毛穴が引き締まり、メイクがキマるというメリットも。

 

3、血行がよくなりむくみ解消に!

 意外なようですが、夏は全身を冷やすのも美容に効果大。体を短時間冷やすと急激に欠陥が収縮し、冷やした後、今度は血管が急激に元の太さに戻ろうとするので、血流が促され、代謝アップや冷え性、肩こりの回復などにつながります。

 最近は冷却エステもブームの兆し。全身の巡りがよくなれば、夏に気になるむくみの解消にもつながるはずです。

 

☆美人顔を育てる、ひんやりスキンケアって?

つけた瞬間ひやっとする氷点下の炭酸入り化粧水、メントール入りでじわじわ冷える化粧水などが出まわっています。

また、濡らしておいたコットンを冷蔵庫に入れて、お風呂上りにパッティングするのもひとつ。濡らすときはお手持ちの精製水や化粧水がオススメです。肌がぐんぐんと吸い込んでいく感覚は、クセになること間違いなしですよ!

 

 

骨格診断で夏のトレンドを仕分けしよう!前のページ

読書だって欲張りたい!“小説のつまみ食い”アンソロジーのすゝめ次のページ読書

関連記事

  1. 踵 ケア

    ヘルス・美容・ファッション

    かかとのガサガサにこれでサヨナラ! 簡単お手入れでつるつるに♪

     ガサガサのかかと。割れて痛くなったり、ストッキングが伝線した…

  2. 酒粕

    ヘルス・美容・ファッション

    キレイになりたい!酒粕パワーで美味しく健康になろう

    寒い時期になるとスーパーでよく目にする酒粕。栄養価が高く、女性に嬉しい…

  3. 女性

    ヘルス・美容・ファッション

    服装はカラーで印象が決まる!?なりたい自分を色で作ろう!

    服を買うとき、着るとき、どんな色を選ぶかによって印象は大きく変…

  4. 紫外線対策

    ヘルス・美容・ファッション

    えっ、ダメージは瞳にも!? 今日からはじめる「目の紫外線対策」。

    帽子に日傘、日焼け止め…。しっかり紫外線対策をしている人はたく…

  5. ヘルス・美容・ファッション

    免疫力アップ!インフルエンザ・感染症予防に食べたい冬の食材

    乾燥する冬はインフルエンザや感染症の発症が心配です。発症すれば長期の療…

  6. オレンジ

    ヘルス・美容・ファッション

    綺麗に、健康でいるために積極的に飲みたいものPart2

    Part1では美容ドリンクや野菜ジュースの落とし穴について解説し、飲み…

  1. 頑張る女性

    仕事

    ”頑張ります!”は危険!?捉え方次第で変わるあなたの印象
  2. バリ

    お出かけ情報

    旅好きエディターがプレゼン! 私はこうして夏のバリを楽しみました!
  3. マカロン

    ヘルス・美容・ファッション

    砂糖は体に悪いの?!体にいい砂糖の摂り方・選び方
  4. 紅葉

    お出かけ情報

    今からでも遅くない! 京都の紅葉を見に行きませんか?
  5. 便利グッズ

    ライフスタイル

    ひとり暮らしにピッタリ!お風呂やキッチンにほしい便利グッズ
PAGE TOP