siesta

2018.10.18
トップ > ヘルス・美容・ファッション > スキンケアレベルでこだわりたい!…

スキンケアレベルでこだわりたい! シャンプーの種類と選び方

2018.10.16

シャンプー

肌同様、髪の毛や頭皮の状態は日々変化します。いま使っているシャンプーが自分に合っているのかを常に意識し、変化には敏感に対応するのが“美髪への近道”です。

 

 

シャンプー

☆頭皮も肌の一部! シャンプーは頭皮に合ったものを選ぶべし!
シャンプー選びのポイントは、自分の頭皮にあっているか否か。評判のいいシャンプーでも、使ってみて頭皮に不調を感じるなら、自分に合っていない証拠です。
正常な頭皮は、適度に皮脂の分泌があり、地肌の色は青白く、皮脂異常のない状態を指します。頭皮のツッパリやベタつき、フケ、かゆみなどの頭皮トラブルを感じたときは、シャンプーを見直しましょう。大まかな目安として、乾燥を感じるなら洗浄力や脱脂力の弱いもの、逆に頭皮のベタつきが気になるなら洗浄力、脱脂力が強いものに変更を!

 

 

シャンプー 種類

☆シャンプーのおもな新しい傾向を知りましょう!
単に洗浄するためのものだったシャンプー剤も、最近は、機能性をプラスしたものや、成分にこだわったものが増えています。シャンプー選びの参考にしてください!

・オイルシャンプー
オイル成分を配合した保湿力のあるシャンプー。ほとんどの製品が天然由来の植物オイルを使用しているよう。ノンシリコン+オイルという製品も多く、オイルの作用でノンシリコンでもやさしい手ざわりに。

・ノンシリコンシャンプー
シリコンが入っていないシャンプー。世間で言われているほど、決して悪者ではないシリコンですが、ナチュラル志向も手伝ってか、シャンプー界の一大勢力に。ただ、コーティング剤が入っていないため、洗いあがりにきしむことも。

・スカルプケアシャンプー
毛穴の詰まりを取りのぞくための成分を配合したり、フケやかゆみを軽減したりするなど、頭皮環境を整える効果があるシャンプー。いろいろなタイプがありますが、洗い上がりがさっぱりするものが多いようです。

・エイジングケアシャンプー
加齢にともなう髪の悩みを軽減するためのシャンプー。髪にハリやコシも与えてボリュームアップをはかるものや、頭皮環境を整えるものなどがあります。年齢からくる悩みを持つ人が多いためか、次々に新製品が登場しています。

 

 

一人ひとりの肌が違うように、髪質も頭皮の状態も違います。悩んだ場合は、信頼できる美容室で相談してみるのも手ですよ。

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!