ベージュ

ヘルス・美容・ファッション

定番色・ベージュがパッとしない人は、“選び方”が重要です

ベージュ 選び方

出典:Pinterest

最愛のベーシックカラーだからこそ、どんなときでも気映えしたい。そんなあなたのために、老けて見えないベージュの選び方をレクチャー。ベージュを制して、秋のオシャレを制しましょう!

 

 

 

服 ベージュ

出典:Pinterest

 

 

☆自分の肌色に合うベージュを知ることが大切です。

 ベージュは肌をきれいに見せてくれ、好感度が高まる色なので、働く女性にはよいことづくし。ただ色のバリエーションが豊富であいまいなので、ベージュの“色味”と“明るさ”をきちんと選ばないと、必要以上にヌーディに見えたり、肌がくすんで見えるというマイナス面も…。まずは下記のチェック項目で自分の肌を見極めて、それと同じ系統の色味が含まれているものがあなたに似合うベージュです。

 

 

☆手のひらでわかる、肌色タイプ診断

肌色 タイプ診断

出典:Pinterest

 

Q.あなたの手のひらの色は?

A.青みピンクや赤紫がかっている人は…

青み、紫、ピンクがかったベージュがお似合いです!

 

 

ピンクベージュ

出典:Pinterest

 

 

青白かったり、赤みが強い肌色の人は、ピンクベージュやグレージュなどが似合います。服と同様にリップやチークカラーも、青み系やモーブ系ピンク、ベージュを選び、血色よく。

サマータイプ

 

 

B.黄みやオレンジがかっている人は…

黄み、オレンジ、カーキがかったベージュがお似合いです!

オレンジベージュ出典:Pinterest

 

 

全体的に黄みやオレンジがかっている肌色の人は、イエローやブラウン、カーキなどのこっくりしたベージュを。リップ、チークカラーも同じようにオレンジ系など肌の色みを軸にして。

オータムタイプ

 

 

さらに、肌が同化しないよう、少しコントラストのあるベージュで肌映えを意識してください。お店では試着室だけでなく、場所を変えて違うライトで見たり、顔映りを確認してください!

 

シャンプースキンケアレベルでこだわりたい! シャンプーの種類と選び方前のページ

【美白の落とし穴】美白化粧品では、肌は白くなりません!次のページ美白化粧水

関連記事

  1. 鍋料理

    ヘルス・美容・ファッション

    寒い日は辛鍋がおすすめ!簡単レシピPart2

    手間を掛けたくないけど栄養はしっかり摂りたい、でも外食は避けたいとなっ…

  2. ダイエットする女性

    ヘルス・美容・ファッション

    血液型別ダイエットを成功させる食べ物!(A型編)

    ダイエットは女性にとって永遠の課題とも言えるものですが、少しでも効率よ…

  3. 紫外線対策

    ヘルス・美容・ファッション

    えっ、ダメージは瞳にも!? 今日からはじめる「目の紫外線対策」。

    帽子に日傘、日焼け止め…。しっかり紫外線対策をしている人はたく…

  4. 五月病

    ヘルス・美容・ファッション

    10連休が始まる前に! 今からできる五月病対策☆

    仕事や学校、新しい環境で頑張っている人ほどなりやすいのが五月病…

  5. 洋服

    ヘルス・美容・ファッション

    お金をかけずにおしゃれしたい★プチプラ服を高見えさせるコツ

    ファストファッションが流行している今、プチプラ服でもおしゃれなものはた…

  6. エクササイズ

    ヘルス・美容・ファッション

    ダイエット・筋トレが続かない…いま流行りの変わり種エクササイズ

    トレーニングジムやエクササイズに通ってもなかなか続かない、飽きてきたと…

  1. 水をかぶる女性

    ヘルス・美容・ファッション

    肌乾燥の対策は大丈夫?冬に気をつけたい食事とお風呂の入り方
  2. ヘルス・美容・ファッション

    免疫力アップ!インフルエンザ・感染症予防に食べたい冬の食材
  3. 正月太り

    ヘルス・美容・ファッション

    年末年始は食べ過ぎた!?お正月太りを防ぐ5つのコツ
  4. 街コン

    恋愛・婚活

    街コンは「プラスアルファ」まで考えて男性と楽しもう
  5. ギター

    ライフスタイル

    今からでも遅くない!オトナの趣味☆楽器を始めてみよう♪
PAGE TOP