siesta

2018.10.16
トップ > ヘルス・美容・ファッション > 定番色・ベージュがパッとしない人は、“…

定番色・ベージュがパッとしない人は、“選び方”が重要です

2018.10.16

ベージュ 選び方

出典:Pinterest

最愛のベーシックカラーだからこそ、どんなときでも気映えしたい。そんなあなたのために、老けて見えないベージュの選び方をレクチャー。ベージュを制して、秋のオシャレを制しましょう!

 

 

 

服 ベージュ

出典:Pinterest

 

 

☆自分の肌色に合うベージュを知ることが大切です。

 ベージュは肌をきれいに見せてくれ、好感度が高まる色なので、働く女性にはよいことづくし。ただ色のバリエーションが豊富であいまいなので、ベージュの“色味”と“明るさ”をきちんと選ばないと、必要以上にヌーディに見えたり、肌がくすんで見えるというマイナス面も…。まずは下記のチェック項目で自分の肌を見極めて、それと同じ系統の色味が含まれているものがあなたに似合うベージュです。

 

 

☆手のひらでわかる、肌色タイプ診断

肌色 タイプ診断

出典:Pinterest

 

Q.あなたの手のひらの色は?

A.青みピンクや赤紫がかっている人は…

青み、紫、ピンクがかったベージュがお似合いです!

 

 

ピンクベージュ

出典:Pinterest

 

 

青白かったり、赤みが強い肌色の人は、ピンクベージュやグレージュなどが似合います。服と同様にリップやチークカラーも、青み系やモーブ系ピンク、ベージュを選び、血色よく。

サマータイプ

 

 

B.黄みやオレンジがかっている人は…

黄み、オレンジ、カーキがかったベージュがお似合いです!

オレンジベージュ出典:Pinterest

 

 

全体的に黄みやオレンジがかっている肌色の人は、イエローやブラウン、カーキなどのこっくりしたベージュを。リップ、チークカラーも同じようにオレンジ系など肌の色みを軸にして。

オータムタイプ

 

 

さらに、肌が同化しないよう、少しコントラストのあるベージュで肌映えを意識してください。お店では試着室だけでなく、場所を変えて違うライトで見たり、顔映りを確認してください!

 

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!