美白化粧水

ヘルス・美容・ファッション

【美白の落とし穴】美白化粧品では、肌は白くなりません!

美白

夏が終わり、日焼けによる“お疲れ肌”が気になるこの季節。手に取りがちなのが美白化粧品ですが、実は、美白=肌が白くなるは大きな間違い。「とりあえず美白をチョイス」は大損なんです!?

 

 

美白化粧品 効果

☆美白化粧品の効果は「予防」。肌は白くならないんです。

 突然ですが、美白化粧品を使って「肌が白くなった!」と実感したことはありますか? おそらく、ほとんどの人はないでしょう。それは当然の話。そもそも「美白」とは、肌を白くするという意味ではないのです。

 美白とは本来、紫外線による肌の色調変化を予防すること。美白化粧品は肌を白くしたり、シミを消したりするものではありません。せいぜいシミ、くすみを予防したり、日焼けの回復を早めたりする程度の効果です。

 

 

美白 NG

☆強い美白成分で肌が荒れたり、逆効果になる可能性も!?

 効果が高い美白成分は刺激も強く、肌荒れのリスクもはらんでいます。しかも刺激を受けると、肌は自らを守る物質「メラニン」をつくり、これを含む角質が肌表面に残ることも。つまり、美白化粧品の刺激によってメラニンを含む角質を増やし、逆にシミや黒ずみをつくってしまっている状況です。

 

 

 特に敏感肌の人は刺激を感じやすく、メラニンも反応しやすいので要注意です。使うなら、シミを穏やかに予防する程度の成分を心がけてください。

 

ベージュ定番色・ベージュがパッとしない人は、“選び方”が重要です前のページ

お誕生日にクリスマス、バレンタイン…彼へのプレゼントはコレに決まり!次のページハート

関連記事

  1. 運動

    ヘルス・美容・ファッション

    やりすぎNG!過度な有酸素運動が引き起こす害

    「女性に試してもらいたい!有酸素運動がオススメな理由とは?」では、有酸…

  2. 頭を抱える女性

    ヘルス・美容・ファッション

    仕事の進みが悪いのは姿勢のせいだった!?

    「風邪を引いてるわけじゃないのに」「夜しっかり寝てるのに」思い当たる節…

  3. ヘルス・美容・ファッション

    「冷やし美容」で今年の夏は美人顔!

    ほてりやむくみ、開いた毛穴をそのままにしていると、美的偏差値が…

  4. 冬,空気

    ヘルス・美容・ファッション

    冬でも紫外線は降り注いでいる!冬におすすめな紫外線対策!

    肌寒い季節、空気と共に肌も乾燥するので保湿ケアにだけ注力していたら、い…

  5. 幸せ_女性

    ヘルス・美容・ファッション

    食べると科学的に幸せになれる食べ物 Part2

    実際に食べ物は精神に影響を及ぼすことが分かりましたが、どうせなら良い影…

  6. 朝

    ヘルス・美容・ファッション

    本当にキレイな人は食べている!朝ごはんのススメ

    忙しい朝、ついつい抜いてしまいがちな朝ごはん。でも本当は食べることでキ…

  1. 笑顔の女性

    仕事

    職種だけではない仕事の選び方~求職者の声~
  2. 疲労

    ヘルス・美容・ファッション

    疲れたときの基本的な疲労回復方法3選
  3. マカロン

    ヘルス・美容・ファッション

    砂糖は体に悪いの?!体にいい砂糖の摂り方・選び方
  4. 落ち込む_女性

    恋愛・婚活

    もし、友達の彼氏を好きになってしまったら…Part1
  5. 悩む男性

    仕事

    会社の雰囲気、もう耐えられない!空気の悪い会社の特徴と対処法
PAGE TOP