仕事 転職

仕事

後悔しないために!転職を成功させるためのポイント5つ

仕事 タスク

今よりもいい環境にできるか、そうでないかは自分次第!転職を成功させる秘訣は何なのか、辞表を書くその前に一度読んでみてください!

 

 

希望にあふれて入社しても、仕事内容や給与、人間関係など思い描いていたものとは違うこともあります。そんな時に思い浮かぶのが転職。でも、簡単に次の仕事を決めてしまえば、また同じことの繰り返しになる可能性も!そこで後悔しない転職をするためのポイントをご紹介します。

 

 

仕事 要素

①仕事に求めることは何か考える

自分が転職後の仕事に求めることが何なのかを考えておきましょう。スキルを活かしたいのか、給与を上げたいのかなど、ハッキリさせることで転職後のミスマッチを防ぎます。

 

 

辞表

②先に仕事を辞めてしまわない

とにかく心に余裕を持って活動しましょう。自分を追い込んで先に辞表を出してしまうよりは、決まるまでは辞めずに今の仕事を保険にしておくことで、焦ってあまり希望しない仕事に決めてしまうといったリスクを減らせます。またなかなか決まらない場合、退職期間の説明を求められることもあります。

 

 

履歴書 転職理由

③転職理由を明白にしておく

なぜ今の仕事を辞めようと思ったのかという理由を明白にすることで、転職後同じ理由でまた辞めたくなることを防ぎます。ただし面接の場合、転職理由はポジティブな回答にしましょう。マイナス面だけでなく、それを改善した上で転職後はどうありたいのか、前向きに答えることで印象はアップします。

 

 

転職 情報収集

④情報収集をしよう

外から見たイメージと、実際に働いてみるのとでは全く違います。その職種・業種についている知人から話を聞くなど、情報収集はとても大事です。華やかさや憧れだけで希望せず、自分が働いている具体的なイメージを作れるようになるぐらいの下調べをしましょう。

 

 

転職 希望条件

⑤希望の条件を伝える

いくら転職したいからと言って、条件面をすべて言われるがままに転職してしまうとミスマッチが起こる可能性があります。自分がどういう仕事をどのような条件でしたいのか、きちんと伝えることで就職が決まった後も満足して働くことができると言えます。逆に落ちてしまったのなら希望の条件に合わない会社だったということです。

 

 

転職をするというのは人生の中で大きな決断です。前の仕事の方がよかった、となるのだけは避けたいので、きちんと自己分析を行い、辞める以外の方法はないのか必ず確認しましょう。それでも転職をするという場合、上記を参考にし、自分にとってより良い仕事を見つけられるようにしましょう。

 

あくび【実は深刻】あくびを瞬時に止める方法。【知らないと損】前のページ

スキンケアレベルでこだわりたい! シャンプーの種類と選び方次のページシャンプー

関連記事

  1. 笑顔の女性

    仕事

    職種だけではない仕事の選び方~求職者の声~

    先日の面談での話です。品質管理、仕入れの事務を一社で2年経験し…

  2. 内定通知書

    仕事

    内定承諾は早めに決断を!

    内定をもらっているあなた。「まだ他の選考中の企業から返事がなく…

  3. ボーナス

    仕事

    もしかして冬のボーナス支給の対象外?その理由とベストな退職時期

    12月に冬のボーナスを支給する会社は多いですが、あなたは自分が勤める会…

  4. 進路

    仕事

    譲歩することの必要性~ある求職者様のおはなし~

    転職を考えた時、いろいろな理想を思い描きますよね。とても大事な…

  5. 上司と部下

    仕事

    「できません!」は悪印象?人間関係を円滑にする上手な断り方

    仕事のなかで、無理な依頼を受けたり、お誘いを受けたり・・・印象…

  6. リーダー

    仕事

    自分らしいリーダーになるために…女性のためのリーダー論

    女性の管理職が増えてきている今、リーダーシップ能力は必須です。自分らし…

  1. 事務員

    仕事

    事務職はなぜ人気?事務職に就く近道とは?Part1
  2. 男性を追う女性

    恋愛・婚活

    なぜいつも「追う側」の恋愛に?追う側になってしまう傾向と理由
  3. 新着求人_経理

    仕事

    【新着求人】実務経験者優遇♪関西トップクラスのメーカーで経理のお仕事
  4. シャツ

    ヘルス・美容・ファッション

    こなれ見えに直結! シャツスタイルをあか抜けさせる4つの掟。
  5. 退職

    仕事

    仕事を辞めたいと思っている方へ☆円満退職のための手順とマナー
PAGE TOP