日焼け

ヘルス・美容・ファッション

まだ間に合う! うっかり日焼けからあなたの大切なお肌を守る方法

日焼け

毎日のお手入れを一瞬でムダにしてしまうのがうっかり日焼け。大切なお肌を守るために今すぐできることをご紹介いたします!

 

気を付けていたつもりなのに、日焼け止めの塗り忘れなどでうっかり日焼けをしてしまうことはありませんか?毎日ケアをムダにしないためにも、すぐに対処しましょう!

 日焼け対策

①冷やす

日焼けに気付いたら、すぐに冷やしましょう。肌が炎症を起こしているので、保冷剤をくるんだタオルなどで患部を冷やします。熱いお風呂やシャワーはやめてぬるま湯にしましょう。

 

②保湿

日焼けの後は乾燥が気になるのですぐに保湿したくなりますが、十分に冷やして熱が引いてからにしましょう。その際、敏感肌用などを使うとより良いです。化粧水を冷蔵庫で冷やしておくとひんやりと気持ちよく、炎症にも効果的です。

 

③水分補給

日焼けにより全身が乾燥しているため、水分をしっかりと取るようにしましょう。普通のミネラルウォーターでもかまいませんが、ビタミンCを多く含んだジュースなどを飲むのも良いです。

日焼け止め

◎うっかり日焼けしないために…

・塗り忘れない

うっかり日焼けを特にしやすい場所は、首回りやデコルテ、手足の甲です。顔にはしっかり日焼け止めを塗るのに、ついつい忘れがちな場所ですが、夏は薄着になり服などで隠れにくい場所なので、顔に塗ったついでに全部塗ってしまいましょう。塗りにくい場所や、ムラになりやすい場所は日焼け止めスプレーがおススメです!

 

・こまめに塗りなおす

朝塗っても、汗で流れてしまい日焼けするということも。特に鼻や頬、おでこなど顔の中でも高さのあるところが焼けやすいためしっかりと塗りなおしましょう。化粧の上からでもできるスプレーやパウダータイプのものをお出かけ時には持ち歩くようにすると安心です。

 

・出かけない日にも日焼け止めを

窓からの日差しや、洗濯物を干す少しの時間でも日焼けすることはあります。メイクをしない場合でも、日焼け止めだけは必ず塗るようにしましょう。

肌に塗るのが面倒な場合はUVカーディガンやTシャツなどを着るのも効果があります。

日焼け,海

まとめ

日焼けは一度してしまうと、肌が傷つきシミやシワ、たるみの原因となります。そのため一番大切なのは日焼けしないことですが、日焼けしてしまった時は、とにかく冷やすことと保湿することです。また広範囲の日焼けや、水膨れなどになった場合はすぐに皮膚科へ行くようにしましょう。

 

癒し 動物可愛さにココロが癒される♡ペットの癒し効果がスゴイ!前のページ

「私なんて」はNG! こじらせ女子のココロをほぐす方法4選次のページ幸せ

関連記事

  1. 黒髪女性

    ヘルス・美容・ファッション

    黒髪がモテるって本当?綺麗な黒髪を保つには?Part2

    大人気の女優さんをはじめ、世間では黒髪の女性が大人気ということがよく分…

  2. ファッション 女性
  3. 口臭対策

    ヘルス・美容・ファッション

    あなたは大丈夫!?気になるお口の臭い対策4選!

    自分では気にならなくても、他人からは気になる口臭。デートやビジ…

  4. オリーブオイル

    ヘルス・美容・ファッション

    いつもの油を変えてみよう!美容・健康にいい油の種類と摂取の仕方

    油脂は体に必要な栄養素。若々しく健康的な生活を送るためには欠かせません…

  5. メイク崩れ

    ヘルス・美容・ファッション

    化粧崩れしたくないあなたへ! 一日崩れないメイクのコツ☆

    朝ばっちりメイクしたはずなのに、仕事帰りにはほぼスッピンなんて…

  6. 水をかぶる女性

    ヘルス・美容・ファッション

    肌乾燥の対策は大丈夫?冬に気をつけたい食事とお風呂の入り方

    寒くなると乾燥が気になりますよね。乾燥は肌のトラブルの原因になります。…

  1. 秋の果物タルト

    ヘルス・美容・ファッション

    この季節がやってきた! 食欲の秋を乗り切る方法4選★
  2. 梅雨 傘

    ライフスタイル

    雨でも快適に過ごしたい方へ! 梅雨対策ランキング☆
  3. キャリアウーマン

    仕事

    叱るだけではダメ!仕事ができない部下を持った時の対処法
  4. トーク

    仕事

    【事例あり】どうして伝わらない?仕事でも使える上手な伝え方
  5. 体調 腸活

    ヘルス・美容・ファッション

    この夏、元気に美肌で過ごすための“腸活のススメ”。
PAGE TOP