siesta

2019.10.3
トップ > 仕事 > ”頑張ります!”は危険!?捉え方次第で…

”頑張ります!”は危険!?捉え方次第で変わるあなたの印象

2019.10.3

「頑張ります」

あなたは仕事で上司や先輩に、よく言っていませんか?

頑張ることはとても大事です。上司や先輩にとっても、頑張りますと宣言してくれる部下や後輩は頼もしいでしょう。

しかし、「頑張ります」が後々あなたを苦しめることになる場合もあるのです。

今回ご紹介する2つのタイプを読んで、もしあなたに心当たりがあれば、注意してくださいね。

 

自分を追い詰めるタイプ

頑張りすぎる女性

「責任感が強い」、「努力家」、「真面目」と言われる方に多いのが、自分を追い詰めてしまうことです。

仕事に真剣になりすぎ、気づいたら頭の中は仕事のことでいっぱい。

そんなタイプの人は、周囲がなんと言おうと目標に向かって頑張り続けます。

その分、目標を達成したときには誰よりも大きな喜びを感じることができるのですが、その前に疲弊してしまうパターンが多いのです。

周りがその状態に気付いて声を掛けてくれれば良いのですが、そうでない場合もあります。

その為、自分自身が今仕事にどんな気持ちで取り組んでいるか俯瞰してみる必要があります。

「もっと頑張らなきゃ」ではなく、「今日はよく頑張った」と仕事を切り上げ、家でゆっくり休んだり趣味を楽しんだりして頭をリフレッシュしてください。

 

 

頑張ったつもりになるタイプ

怒られる女性

みんな、初めは期待されたことに緊張感と責任を感じ、本気で「頑張ろう」と思うでしょう。

しかし、どんどん会社や仕事に慣れてくると、その気持ちがなくなってしまう人がいます。

また、上司や先輩にも「頑張ります!」と勢いで言うことが口癖になっている人も注意が必要です。

言ったものの、仕事ぶりに変化がなければ周囲はあなたを「口先だけの人」と認識します。

それについて誰かが指摘してくれればまだ良いのですが、そう思われていることにも気づかないまま、

「何も言われないから認められている」と勘違いする人もいます。

仕事に責任を持たず、形だけ頑張ったつもりでいると誰も信頼してくれなくなります。

一度、仕事に真剣に向き合えているか再確認してみてください。

 

 

「頑張る」と言葉に表すのはとても大事なことです。

しかし、それは良いようにも悪いようにも作用するということを理解しておいてください。

何事もバランスよくすることが、あなたを一番成長させてくれるのです。

 

+++———————————————————————————————————————————+++
女性は仕事もプライベートもどちらも大事!転職でより輝く自分になろう!

他では見れない求人情報サイト!
新着案件も随時更新中◎→ご応募はこちらから♪
+++———————————————————————————————————————————+++

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!