siesta

2019.12.20
トップ > 仕事 > あなたも変わることができる!仕事を覚え…

あなたも変わることができる!仕事を覚えれない人の特徴と改善方法

2019.12.20

毎回、怒られて仕事が覚えられない。そんな人に見てほしい情報です。

これであなたも覚えることができるようになります。

 

怒られる男性

【仕事の覚えられない人の特徴】

仕事の目的、意図を理解していない

「〇〇やっておいて」と仕事を頼まれた時に言われたことだけをするのではなく

「なぜ、するのか?」「この仕事の目的は?」を理解することで自然と仕事を思えていきます。

 

お客さんとのトラブルの原因も「お客さんが求めている意図」を理解すると回避する可能性が高くなります。

意図や目的を理解するというと難しく思うかもしれませんが、どのレベルで相手が満足するのかと思えばやるべきゴールが見えてくるので仕事が楽しくなりますよ。

 

優先順位がつけられない

仕事はいくつものプロジェクトを同時進行させてないいけません。

しかし、全部を完璧に覚えるのは難しいです。依頼された仕事を整理して自分の役割を理解することで、優先順位を立てることができます。

 

重要度の高いものと低いものが分かれば覚えておかないといけない事柄が見えていきます。

覚えなくても良いものは捨てていけば、仕事を覚えることができるでしょう。

 

 

メモ

【仕事を覚えられる改善方法】

メモを常に取る

メモを取っていると些細なことでも見返すことで、仕事をする前に情報を整理することができます。

人間は忘れていく生き物だと割り切り、小さなことでもメモしておきましょう。

 

メモを取り言われたことをアウトプットすることで、より整理され記憶に定着しやすいです。

一言一句書いていると聞き逃す可能性があるので、要点とキーワードだけをメモするといいでしょう。

 

優先順位の立て方

「緊急度」と「重要度」の尺度で考えましょう。

1.緊急かつ重要

2.緊急ではないが重要

3.緊急ではないが重要

4.緊急でも重要でもない

 

この順番で優先順位をつけると良いですよ。意識していないと「1 – 3 – 4 – 2」の順番になってしまいがちです。

この方法で優先順位を付けることが習慣になると突然何かを頼まれてもパニックにならずにこなすこともできます。

 

業界や商品の知識を知る

業界や商品のことを知らなくても販売はできます。制作することもできるでしょう。

しかし、深く知ることで業界や商品に興味が出てくるので、仕事を覚えるのも苦にならず早くなります。

 

その業界のことを知るために調べるので、世間の流れや他の会社がやっていることがわかるので、新しいアイディアが生まれることや仕事に対する考え方も変わるので社内の評価が変わりますよ。

 

 

求人D

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!