siesta

2018.06.23
トップ > 仕事 > あがり症の人必見! プロが教える、プレ…

あがり症の人必見! プロが教える、プレゼンの緊張をほぐす3つのテクニック。

2018.06.23

スピーチ あがり症

人前での話や発表。心臓はバクバク、頭は真っ白。声も上ずっていつも通り話せなかった…なんて経験はありませんか? 今回は、少しでも緊張が緩和できる方法をまとめました。

 

 

プレゼン

 人前でのプレゼン。練習ではうまく話せるのに、本番ではなぜかいつも緊張してしまう人も多いのでは? もうこれ以上人前で緊張したくない! プレゼンを難なくこなしたい! という方は、下記の方法を試してみてください。

 

 

1、プレゼンの場慣れをする。

プレゼン 場慣れ

 回数を重ねていくごとに慣れる…といっても、最初のうちは難しいことなので、家族や友人を相手にリハーサルをして場慣れしましょう。まず、プレゼン原稿を完成させ、その内容を頭にたたき込みます。リハーサルの際は、ただ原稿を読むのではなく、おじぎや声の大きさ、立ち位置や動き、視線の送り方なども当日を意識して。準備を念入りにしておくと、精神的負担は緩和され、自信につながります。

 

 

2、動きをつけて話す。

プレゼン ジェスチャー

体を固定すると緊張感が増してしまうため、身振り手振りをつけたり、ほんの少し体を揺らしながら話してみてください。そうすると、体と心の緊張がほぐれるだけでなく、表現力がアップして相手に伝わりやすくなります。

 

 

3、そもそも、苦手意識を持たない。

 自分は緊張しやすい体質なんだと決めつけると、さらに緊張を誘発してしまう可能性があるので、「どうすれば成功するのか」をイメージし、負の思い込みから脱却しましょう。

 

 

練習→慣れ→自信。この繰り返しが大事なんですね。「あれだけ準備したんだから大丈夫」。そんなポジティブな思考でのぞめば、成功すること間違いありませんよ。

 

 

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!