siesta

2020.1.30
トップ > ライフスタイル > バレンタインのマナー!会社で義理チョコ…

バレンタインのマナー!会社で義理チョコを配るときの5つのルール

2020.01.30

バレンタインデーが近づいて、職場での義理チョコに悩む方は、多いのではないでしょうか?

渡す場合、気を付けるべきポイントを紹介します。

 

事前に確認

職場によっては、義理チョコを禁止していたり、渡す習慣がなかったりと、会社の風土はさまざまです。

周りの女性同僚に、去年はどうしていたか?今年はどうするのか?相談しましょう。

なぜなら、バレンタインデー当日、あなただけ足並みから外れた行動をしてしまうと、後で気まずいことに・・・。

毎年、女性全員の共同購入で渡しているなら、その習慣に従ったほうが無難です。

個人の自由としている職場でも、今年もそうするか確認しておいたほうがいいでしょう。

 

 

バレンタインチョコ

渡すタイミング

贈る相手の忙しい時間帯は避けましょう。外出前や会議前は、準備などで余裕がないので避けたほうがいいですね。

就業前の朝一番で渡すか、昼休みや休憩時間を利用して贈ると、お祭り感覚で盛り上がり、職場の雰囲気が良くなるもの。

また、外出先から戻ってきたタイミングで、「お疲れ様です。」と言葉を添えて渡すのもいいですね。

 

予算

職場の男女比率によりますが、目安は500円~1,000円くらい。高くても1,500円以内がベターです。

あまり高価なものを贈ると、贈られた側は、お返しに困るので、負担をかけない配慮が必要です。

もし、職場の女性があなた一人で、男性の人数が多い場合は大変ですよね。

その場合、大きな箱入りチョコレートを「みなさんでどうぞ。」と渡すのもアリだと思います。低予算でも、感謝の気持ちを表すことが大事なのです。

 

公平に

職場の規模によりますが、同じ部署の上司と同僚たちへ渡すのが基本です。

同じ部署なのに、贈られなかった人がいないように、全員公平にしましょう。

 

誤解されないように

中には、本命チョコだと誤解してしまう男性もいるかもしれません。

勘違いされないためにも、以下のことに気をつけましょう。

・二人のときではなく、皆がいるタイミングで

・手作りや手紙などは避ける

・ハートが協調されているような、形やパッケージは避ける

とはいえ、「義理チョコです。」と言って渡すのではなく、「いつもありがとうございます!」など、感謝の言葉を添えると喜ばれそうですね。

 

バレンタインチョコ 

最近は、男性への義理チョコだけではなく、女性同僚へ「友チョコ」を配るのも増えているようです。

職場で義理チョコを用意するなんて、面倒と思うかもしれませんが、

日頃の感謝を伝えるコミュニケーションツールとして活用できます。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

求人A

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!