siesta

2019.12.13
トップ > 仕事 > 仕事でミスしてしまった!落ち込む前に、…

仕事でミスしてしまった!落ち込む前に、どう対応する?

2019.12.13

どんなに気を付けていても、ミスは誰にでも起こりうること。

そんなとき、反省するだけではなく、その後の対応が重要なのです。

 

まず上司へ報告

ミスが発覚したら、まずは上司へ報告することが基本です。

報告が遅くなったり、自分の判断で進めてしまったりすると、状況次第では被害が大きくなり、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

被害を最小限に抑えるためにも、すぐに上司へ事実を伝え、後の対応を相談しましょう。

ただ「ミスをしてしまいました」と報告し、上司からの判断を仰ぐのではなく、「こういう対応をしようと思います」と自分の考えを伝えるのが重要です。

 

 

MISS

落ち着いて対応する

何が原因でミスが起こったのか、その経緯や正確な情報を把握しておく必要があります。

ミスをしたことにより気持ちが焦ってしまい、また新たなミスが起こってしまうこともあるので、そういうときこそ慎重に対応しましょう。

また、問題を一人で抱えないで、上司や同僚を上手に巻き込んで、フォローしてもらうと早期解決につながりますよ。

 

謝罪より解決策を

お客様へ謝罪するときは、言い訳をせず誠意をもって詫びをしましょう。

ただ謝るだけではなく、相手が求めているのは解決策や今後の心掛けなのです。

発注ミスに対する、お詫びなら「本日、正式に発注手続きを致しました。〇月〇日が到着予定日となります。」と今回の解決策を提示します。

そして「今後はこのような事態が起こらないよう、管理を徹底してまいります。」と加えて、誠意の気持ちを伝えてくださいね。

 

同じミスを繰り返さない

反省するだけでは、また同じミスを繰り返してしまう可能性があります。

ミスをしてしまった原因を考えて、二度とミスを起こさないよう、業務の仕組みを改善しましょう。

〇確認不足だった

 ⇒ほかの人に二重チェックを依頼するなど、チェック機能を万全に整える。

  重要な連絡は口頭ではなく、メールでやり取りする。

〇忙しかった

 ⇒キャパオーバーにならないよう、上司へ自分のタスクを報告する。チーム内に状況を共有して、お互い協力する体制を整える。

〇忘れてしまった

 ⇒必ずメモを取ることや、TODOリストの活用。

  デスクが散らかっていると、メモが埋もれてしまうので、整理整頓を心掛けてくださいね。

 

また、ミスが起こるケースを社内で共有化すると、再発防止に活かせるでしょう。

 

パソコンとメモ

あってはならないミスですが、起こってしまったとき、落ち込むだけでは成長できません。

大切なのは、原因を分析し、二度と起こさないかを考えることです。

気持ちを切り替えて、頑張りましょうね。

 

 

新着求人C

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!