siesta

2020.1.07
トップ > ライフスタイル > 彼はよく見ている?子どもとの上手なコミ…

彼はよく見ている?子どもとの上手なコミュニケーション【接し方】

2020.01.7

子どもが苦手!理由が分かれば克服できる【接し方】」では子どもを苦手に感じる理由としてよく挙げられるものを見てきました。

今回はは具体的な子どもに対しての接し方をご紹介します♪

 

彼はあなたがどのように子どもに接するかをよく見てる!?

子どもと女性

育児をしなければならないので当然ですが、男性は結婚を意識した女性がどのように子どもに接するかをよく見ています。

子どもが苦手ということを打ち明けて嫌われるようならこちらから願い下げですが、一緒に子どもを育てていけるのか不安にさせてしまうこともあり得ます。

彼を安心させるためにも、子どもに対する苦手意識は早めに克服したいですね。

 

話をしっかりと最後まで聞いてあげる

人と上手にコミュニケーションを取るために、相手の話をしっかりと聞くことは基本中の基本ですよね。

それは相手が子どもであっても同じことです!子どもの話をしっかりと聞いてあげましょう。

相手は子どもなので、当然ながら大人と比べて順序立てて話したり、論理的な話を展開することは苦手ですが、否定せずに最後まで聞いてあげることが大切です。

こちらは大人ですから、子どもが頓珍漢な話をしていても、ある程度意味を推測して会話をリードしてあげることも大切です。

子どもは最後まで話を聞いてくれたり、話を理解してくれる大人のことが大好きです♪子どもと仲良くなりたいのであれば、聞き手に徹するのがベストです!

 

目線を合わせる

大人と子どもは身長が数十センチも違います。ここまで身長差があると、中には威圧感を感じてしまう子どももいます。

皆さんも背が高い大柄の男性とコミュニケーションを取る時、顔見知りでもなければ威圧感を感じませんか?あなたが女性でも、子どもよりも大柄なのは事実なので、子どもが威圧感を感じてしまうのも無理はありません。

子どもとコミュニケーションを取る時は聞き役に徹するようにと上述しましたが、それに加えてしゃがみ、目線を合わせてあげるとなお良いです◎

 

声のトーンを少し上げる

女性は基本的に声が高いのであまり意識する必要はありませんが、子どもと話す時は声のトーンを少し上げてみましょう♪

声のトーンが高いと、明るく優し気な印象を与えます。同時に声のトーンを上げるよう意識すると無意識に表情もにこやかになります!

子どもだけでなく、人とコミュニケーションを取る時は意識したいですね。

 

うまくコミュニケーションが取れれば子どもが好きになるかも♪

笑顔の女の子

いかがでしたか?特に準備も必要なく、少し意識するだけで取り組めそうですね♪

一生懸命に話をする子どもはとてもかわいいので、うまくコミュニケーションを取ることができれば一気に子供好きになるかもしれませんね。

子どもと楽しくコミュニケーションを取るあなたを見て、「この人なら!」と彼も安心してあなたとの将来を考えられるかもしれません。

 

求人A

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!