踵 ケア

ヘルス・美容・ファッション

かかとのガサガサにこれでサヨナラ! 簡単お手入れでつるつるに♪

 かかと

ガサガサのかかと。割れて痛くなったり、ストッキングが伝線したりとツラいですよね! 簡単お手入れでつるつるになっちゃいましょう☆

 

ツラいガサガサかかと、1年中気になりますよね。でも冬は隠れている分、お手入れのチャンス、夏までにきれいなつるつるかかとを手に入れましょう♪

かかと 角質

◎角質を取ろう

●削る

ひどいガサガサの場合、まずは削りましょう。ただし、乾燥しているかかとをすぐに削るのはダメージを与えやすいので、お風呂上りなどしっかり潤いを与えた状態の時に軽石やかかと用やすりで優しくこすってください。

毎日やると健康な皮膚まで削ってしまうので、週に1度ほどにしましょう。

●磨く

削るのは怖い、という人はかかと用のスクラブ入り石鹸やクリームを使って磨きましょう。削るよりは時間はかかるものの週に23回行うことで徐々に効果が表れてきます。

●剥く

最近はジェルや薬液に一定時間漬け込むだけで、数日後にポロポロと角質が剥けてくるという商品があります。不要な角質がごっそりと取れる様子は気持ちがいいものの、人にはあまり見られたくない光景なので、足を見せない冬場がおススメ! また、肌に合わない人もいるので必ずパッチテストをしましょう。

 かかと 保湿

◎保湿

角質を取った後のかかとはとてもデリケート。必ず保湿しましょう。

●クリーム

尿素入りのものやシアバターなど保湿力の高いものを選びましょう。クリームを塗りこむときに一緒にマッサージを行うと血行が良くなり吸収しやすくなります。

●パック

コットンなどに普段使っている化粧水やミストを染み込ませ、かかとに張り付けましょう。時間があるときには、かかとをラップや蒸しタオルで巻くとより効果的です。

●かかとサポーター

保湿後のベタベタの足で寝たくない、でも靴下を履きたくないという人におススメなのがかかとサポーター。100均やドラッグストアで手軽に手に入ります。かかとだけをカバーしてくれるので履いている感覚があまりないのに、朝起きるとしっかり保湿されたことを実感できます。

踵ケア

◎普段からできること

●温める

冷えによる血行不良は、肌を荒れさせるためガサガサになりやすいので注意。靴下を履くことは、保温・保湿の両点においても大切です。

●マッサージをする

お風呂に入った時に、足指を広げたり、足の裏をほぐしてみたりしましょう。血流がよくなり肌の調子が整います。

 

まとめ

お手入れは簡単なものばかりですが、つるつるにするには時間がかかります。毎日のお手入れで、夏には美しいかかとを手に入れましょう!

 

ワイン今さら聞けない方へ! 初心者のためのワイン講座☆前のページ

今から始めるならコレ! 本当に出会える大人の趣味♡4選次のページ趣味 大人

関連記事

  1. 加湿器

    ヘルス・美容・ファッション

    乾燥するこの時期、自宅でできる乾燥対策!!

    つい最近まで除湿対策に頭を悩ませていたかと思えば、今度は乾燥に頭を悩ま…

  2. ボディオイル

    ヘルス・美容・ファッション

    冬のボディケアは数十秒で完結するオイルで決まり!Part1

    寒い季節はただでさえ億劫になるのに、空気は乾燥…それに伴い肌も乾燥しま…

  3. シャツ

    ヘルス・美容・ファッション

    こなれ見えに直結! シャツスタイルをあか抜けさせる4つの掟。

    トレンド継続中のオーバーサイズのシンプルシャツ。使いやすいアイ…

  4. 視力

    ヘルス・美容・ファッション

    現代人は要注意! 疲れ目の原因と対策法

    スマホやパソコン作業など、現代人の生活は目…

  5. 猫と枕

    ヘルス・美容・ファッション

    いつも体がだるい…もしかしたら枕のせいかも?正しい枕の選び方

    肩や首が凝って、仕事に影響が出ているそんなあなた。それは、眠っ…

  6. 制汗剤

    ヘルス・美容・ファッション

    制汗剤のヘビロテで、ますます汗クサ女子になるってホント!?

    汗やニオイ対策に使われる制汗剤は、夏の救世主。ついつい多用しが…

  1. プレゼン

    仕事

    あがり症の人必見! プロが教える、プレゼンの緊張をほぐす3つのテクニック。
  2. お出かけ情報

    お正月・夏休みなど長期休暇に行きたい格安世界遺産
  3. お腹

    ヘルス・美容・ファッション

    はじめよう腸活!
  4. 職場スカウト採用

    仕事

    転職後に感じた違和感とトレンドの「職場スカウト採用」
  5. 好きな仕事

    仕事

    好きなことより、得意なことを仕事にするべき!その理由とは?
PAGE TOP