ヘルス・美容・ファッション

マスクメイクは目元が命!「よれない、落ちない」で上品メイクを実現

コロナ禍でマスクが手放せなくなった今。とくに、女性の方はマスクメイクに悩んでいることでしょう。

「せっかくメイクをしてもマスクでよれてしまう」

「いつも通りのメイクだとなんだかパッとしない」

じつは、マスクメイクを完成させるコツは「目元」にあり!今回は、マスクメイクのカギを握る目元メイクのポイントをご紹介します♪

 

マスクメイクは「目」が命!「明るさ」と「立体感」を意識

マスクをしていると顔の半分が隠れてしまうため、どうしても表情が読みにくく相手に明るい印象を与えることがむずかしいですよね。そこで、リップやチークが見えない分、目元の明るさや立体感を意識し、できるだけ明るく華やかな印象を伝えることが大切です。

肌のくすみやクマをできるだけなくす

明るさを演出するために、アイシャドウの色を変えることも悪くないのですが、大事なのは「肌のくすみを取りのぞくこと」です。そこで、活躍するのが下地。肌のお悩みに合わせて、下地のコントロールカラーをかえてみましょう。

●肌のくすみ、血色感アップ:パープル
●赤みやほてり、ニキビ跡:グリーン
●トーンアップ、透明感:ブルー

くまやシミがひどいところは、コンシーラーでカバーしましょう。コンシーラーはイエローカラーを選べば、ほとんど失敗しません。軽くたたきこむようにして伸ばしていきましょう。

立体感は同系色を使って陰影を作ろう

目元の立体感を出したいときは、陰影を作るようにして仕上げるのがおすすめ。また、アイラインにカラーを入れアイライナーと同じカラーのマスカラでデザインすれば、目元に統一感が出ておしゃれな印象に♪冬はとくに服装が暗いカラーになりがちなので、暖色系のものがおすすめ。場面に応じて、粒子の大きさが違うパールを選ぶと、上品になったり華やかになったりと、印象も変わりますよ。

眉も、いつもより太めにかくと、はっきりとしたメリハリのあるお顔に仕上がります。あくまでも、自然でナチュラルにデザインするといいでしょう。

ハイライトを忘れずにオン!

目元は、アイシャドウやアイライン、マスカラだけではありません。より明るく立体的に見せるために、ぜひハイライトをうまく活用しましょう♪ハイライトを乗せるのは、額、鼻筋、目元(いわゆるCゾーン)がマストですが、お顔の形や配置によってハイライトの入れ方が少し異なります。ハイライトによって、お顔が大きく見えたり面長に見えたり、逆効果になることもあるので、自分にあうメイクを見つけていきましょう♪

フェイスパウダーやフィクサーでよれ防止を

メイクのよれや崩れが気になる方は、仕上げにメイクフィクサー(メイクキープミスト)で仕上げていきましょう。UVカットや保湿タイプのものもあり、種類も豊富です。お好みの香りのものがあれば、リフレッシュにもなるのでおすすめ♪ミストが苦手な方は、フェイスパウダーでさらっと仕上げるのもよいですね!テカリ防止にもなりますよ♪

 

マスクによる肌荒れ……しっかり肌を休める時間を

マスクをしていると湿度が高くなるので保湿されているような気になりますが、内部は皮脂や雑菌がたまりやすい状態に……。また、常に肌とマスクが摩擦を起こしているような状態なので、肌荒れを起こしやすく、乾燥も引き起こしやすいのです。

そのため、丁寧にスキンケアをしてお肌を休める時間も確保してあげましょう。フェイスパックや美容液でしっかりと保湿をして、肌の潤いを維持してくださいね。

髪の静電気冬の静電気トラブル……髪の悩みは日ごろのケアを見直して前のページ

バレンタインはチョコ以外で心をつかむ♪センス溢れるギフトはアレ!次のページ

関連記事

  1. オレンジ

    ヘルス・美容・ファッション

    綺麗に、健康でいるために積極的に飲みたいものPart2

    Part1では美容ドリンクや野菜ジュースの落とし穴について解説し、飲み…

  2. UVケア

    ヘルス・美容・ファッション

    さまざまな方法で紫外線から身を守る、365日のUVケア。

    UVケアって夏だけでいいの? 実は違うんです。服を着るのと同じように、…

  3. 黒髪

    ヘルス・美容・ファッション

    黒髪がモテるって本当?黒髪を綺麗に保つには? Part1

    髪を染める女性は多いですが、ここ数年で増えてきた黒髪女子、皆さんの周り…

  4. 猫と枕

    ヘルス・美容・ファッション

    いつも体がだるい…もしかしたら枕のせいかも?正しい枕の選び方

    肩や首が凝って、仕事に影響が出ているそんなあなた。それは、眠っ…

  5. メイク崩れ

    ヘルス・美容・ファッション

    化粧崩れしたくないあなたへ! 一日崩れないメイクのコツ☆

    朝ばっちりメイクしたはずなのに、仕事帰りにはほぼスッピンなんて…

  6. ウィンターブルー

    ヘルス・美容・ファッション

    その気分の沈み、もしかして「ウィンターブルー」かも?

    ここ最近、なんだか気分が晴れない、やる気が起きないといったことはありま…

  1. メイク ベージュ

    ヘルス・美容・ファッション

    目指せマイナス5歳見え! 「ベージュアイ」!
  2. ストレスフリー

    ライフスタイル

    ストレスに強い人と弱い人の違いを徹底解析!
  3. ライフスタイル

    3ステップで自分のモノにする!自己啓発本の正しい読み方
  4. 仕事

    【新着求人】2020年4月オープン!完全週休2日制の保育士♪
  5. シーグラスマット

    ライフスタイル

    暑~い夏。眠れない夜の救世主は、100均で見かける〇〇〇〇〇だった!
PAGE TOP