siesta

2019.10.21
トップ > ヘルス・美容・ファッション > 疲れたときの基本的な疲労回復方法3選

疲れたときの基本的な疲労回復方法3選

2019.10.21

みなさんは、疲れたなと感じた時、どのような方法で解決していますか?

人それぞれ、自分に合った疲労回復方法はあると思いますが、今回は基本的な疲労回復方法を5つご紹介します!

 

睡眠

睡眠

身心ともに疲れてしまったら、誰しもがこの方法で疲れを取りますよね。

ただし、睡眠にも、良い睡眠と悪い睡眠があります。もちろん、良い睡眠をとることは疲労回復につながりますが、悪い睡眠をとってしまうと、より体が疲れたり頭がぼーっとしてしまったりするので注意が必要です。

良い睡眠の取り方

良い睡眠をとるには、寝る前の準備が重要です。

・寝る1時間前にはPCやスマホ、テレビなどスクリーン類からは離れて過ごす

・ストレッチやマッサージで体温を上げる

寝やすい状態を作ることで、いつもより良質な睡眠をとることができます。

 

入浴

入浴

疲れるとゆっくりと温かいお湯につかりたくなりますよね。

それにはちゃんとした理由があります。入浴することによって、私たちはこんな効果を得ているのです。

疲れが取れやすい

血流が良くなると、老廃物が出ていき体のコリがほぐれ、疲れが取れやすい

自律神経をコントロールする

内臓の働きが良くなり、自律神経を整える作用がある

血行が良くなる

水圧で足にたまった血液が循環し、心臓の働きを活発にする

また、体に圧力がかかることで肺活量も増える

リラックス効果

浮力により無駄な力が体に入らない為、緊張から開放されて気分が落ち着く

気持ちいいな、落ち着くなと感じる温度のお湯に、疲れない程度にゆっくりつかってみましょう。

 

食事

食事

好きなご飯が食卓に並ぶと、幸せな気分になりますよね。

おいしい料理を食べることで、満足感を得るだけではなく食べ物から得られる栄養分によって疲労回復にもつながります。

疲労回復にオススメの食材

・ビタミンが豊富な食材

 トマト・ニラ など

・ぬめり”ムチン“のある食材

 山芋・おくら・なめこ など

疲れているときは、何かしら体の中の栄養分が欠如していることが多いので、様々な食材を取り入れてくださいね。

お酒や脂っこいものは、一時は気分が良いかもしれませんが、胃や肝臓に負担をかけるので結果的に良くありませんので、疲れているときは控えましょう。

 

 

疲労回復に重要なのは、日常生活の当たり前を当たり前に実行することなのです。

忙しかったり余裕がなかったりすると、普段の生活を疎かにしてしまいがちです。

そんな時こそ、無駄なことは考えずに基本の生活習慣を大事にしてほしいと思います。

 

+++———————————————————————————————————————————+++
女性は仕事もプライベートもどちらも大事!転職でより輝く自分になろう!

他では見れない求人情報サイト!
新着案件も随時更新中◎→ご応募はこちらから♪
+++———————————————————————————————————————————+++

関連記事はこちら

  • 「Siesta / シエスタ」を運営する株式会社クラスのページです。
    転職に興味がある女性に向けた情報を発信中!